本文へスキップ

相続・後見に親切丁寧に対応いたします 桜木町駅から徒歩4分の司法書士森田誠事務所 |無料相談受付中

 045-309-9857電話をかける
   受付時間 10:00〜20:00

相続人の資格を失うって?HEADLINE

相続欠格とは

民法には、相続人が相続秩序を乱すような行為をした場合には、その相続人の相続権をはく奪するといった規定があります。この規定を相続欠格といいます。


欠格事由(民法第891条)

民法では、以下のような行為をした場合に相続欠格にあたると規定しています。

  1. 故意に被相続人または相続について先順位もしくは同順位にある者を死亡するに至らせ、または至らせようとしたために、刑に処せられた者
  2. 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、または殺害者が自己もしくは配偶者もしくは直系血族であったときは、この限りではありません。
  3. 詐欺または強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、または変更することを妨げた者
  4. 詐欺または強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、または変更させた者
  5. 相続人関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者


たとえば、勝手に
遺言書を隠したり捨てたりするとこの欠格事由に該当します。

先順位や同順位など相続人の順位について

欠格事由に該当すると

このような欠格事由に該当すると、その相続人は相続権を失います
ただし、別の被相続人の相続についての相続権まで失うものではありません。

また、相続欠格になると欠格者について
代襲相続が発生します。

代襲相続とは

椅子

ナビゲーション





アクセス



JR京浜東北線・ JR横浜線
桜木町」駅
                  より徒歩4分
市営地下鉄
桜木町」駅
            より徒歩4分
京浜急行
日ノ出町」駅
            より徒歩4分


司法書士森田誠事務所
代表司法書士
 森田 誠

〒231-0063
横浜市中区花咲町1-12-1 磯栄ビル プラザ桜木町401
TEL 045-309-9857
FAX 045-309-9858




NPO(特定非営利活動)法人
相続アドバイザー協議会R